2015年1月24日土曜日

機械だから仕方が無いこと無い

社会の問題について書こうか悩んでいたんですが。
書いた方がいいと結論しました。

人間のつながりが薄くなり、
以前のような日本社会の自浄作用が無くなって来たように思います。

個人のつながりが強かったころは口コミの効果が強い社会でした。
昔は「近所のあの人が言うんだから信憑性が高い」でした。
自身の行いが素早く、当人に帰るため、
他者を考えない、利己的な行動は、自然に少なくなってきます。

現在は「ネットであの人がこう言っていたから」ではなかなかしんじ切れないと思います。同意見が少ない情報は、頭の片隅においておくぐらいだと思います。
同じ情報を様々なところで見る事でやっと、信用できる情報と考えることができると思います。(正しいかは別として)

という事は、社会の自浄作用を高める為に、ここは直して欲しいという部分は
積極的に発信した方がいいと結論しました。

それでも、特定の企業や個人、宗教の攻撃は控えようと思います。
記事の対象を好きな方がいた場合、
私のブログで嫌な思いをしてもらいたくは無いからです。


ここからやっとタイトルへ

機械だから仕方が無いこと無い


最近感じている事なんですが、
企業側に有利な不親切なプログラミングはもうそろそろやめた方がいいと思います。
例をあげると

同一サイトでの同一商品の価格の違い。
外れにたどり着きやすい迷路のようなサイトのデザイン。
退会出来ない、サイトの退会処理

サイトの退会処理だと
ボタンを押した後も延々答えさせられます。
アンケートに入力しないと退会出来ない事もあります。

多分、機械相手に怒っても仕方ないと思って
いる人が何割かいると思いますが。
そのシステムはどんなイメージのいい企業でも
「アンケートに答えないと退会できないように作ってくれ」
と故意に言ってる人間が必ずいます。

あり得ない事だと思います。

店頭で
不利益をこうむり、退会したいと店員に行った場合。
「では、こちらのアンケートに答えてお答え下さい。
アンケートに答えないと退会できません。」
と言ったなら、その企業の事は
悪い意味で心にずっと残ると思います。

不親切なプログラミングは企業のイメージをそこなう
と、いう事を広める必要があります。

インターネットがより楽しく利用できる
社会になってもらいたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿